どれも魅力的な花嫁衣装!

神社で雅楽の演奏が流れる中で行われる神前式は、とても厳粛で身の引き締まる思いがしますよね。家と家との結びつきを重視する価値観で行われる挙式なので、身内だけで集まって少人数制の結婚式をしたいカップルに適したスタイルです。この時に花嫁が着るのが有名な白無垢で、嫁ぎ先の家に染まるという意味が込められています。どれも同じに見えますが、細かい点で違いがあるのも白無垢の特徴です。挙式で白無垢、披露宴用のお色直しで色打掛という組み合わせが多いですが、白無垢と色打掛は花嫁衣装としては同格なので、挙式の時から色打掛にしても構いません。この二つ以外だと、人生ラストの振袖姿ということで、引き振袖もよく着用されています。挙式で着る場合は、引き振袖と角隠しという組み合わせも素敵ですね。

衣装の決め方と自分でできる準備とは?

白無垢や色打掛などの花嫁衣装は着物ならではの良さとして、着用者の体形を選ばないという特徴があります。豪華な色打掛を身に着けるなら、結婚式場の床や壁の色、照明を使った演出などを考えたうえで選んでくださいね。式場ならスタイリストの人がこれらのバランスを踏まえたうえで、最適な衣装を提案してくれるので参考にしましょう。着物は肌に直接触れて汚れないように、下に肌襦袢というものを身につけます。肌襦袢ならどれでもいいというわけではなく、婚礼専用の肌襦袢が販売されているのでこれを入手してくださいね。出来れば足袋なども自分で用意した方がいいですよ。肌襦袢も足袋も呉服屋で揃えることができます。

福岡の結婚式場予約では早期契約をすると割引制度があり、段取り良く結婚式当日に向けて計画をたてることができます。