角に置くことで無駄なスペースが無くなる

比較的大型の家具であるローソファは、置く場所によっては動線が遮られることもあります。そんな悩みを解決するのが部屋の角にソファを置くことです。角はデッドスペースになる事が多く、行き止まりになっているため有効活用しにくい場所です。けれどもソファなら無駄なくぴったりと置けるため、気になるデッドスペースの悩みも容易に解決できます。

部屋の中央に置くことでアクセントになる

部屋にアクセントが欲しい、特徴が無くてつまらない部屋になっているなら、部屋の中央にローソファを置く方法があります。この場合、ローソファが部屋のワンポイントとなるため、一番目に留まる場所となります。目立たせたいなら明るい色を選ぶと良く、逆に落ち着いた雰囲気にしたいなら周囲の色に合わせると良いでしょう。

間仕切りとして使えばメリハリがつく

キッチンやダイニングを一体化するのではなく、別々のスペースとして考えたいなら、ローソファを間仕切りとして使う方法があります。仕切りたい場所にソファを設置すれば、扉などの建具を使うことなく間仕切りができます。

キッチンと並行には並べれば部屋が広く見える

部屋を少しでも広く見せるなら、キッチンと並行に並べるのが有効です。同じ方向を見るように置くと開放感があります。互いに遮るものがないため動線も良く動きやすい空間となります。

ダイニングが見えるように置けば会話が弾む

家族との会話を楽しむなら、ダイニングとソファが向き合うように設置します。この置き方はどの位置からもそれぞれの動きが見えるように設置する方法で、自然と会話が弾むためコミュニケーションも取りやすくなります。

ダイニングをソファ ダイニングにすることにより、ゆったりとした雰囲気の空間を生み出すことが可能になります。