結婚式見学に行ったら見積もりを出してもらおう

結婚式場の見学に行ったら、見積もりを出してもらいましょう。そのため、だいたいの列席者人数を決めて置きましょう。複数の結婚式場で見積もりを出してもらう際には、比較のために同じ条件で見積もりを出してもらうようにしましょう。それぞれの結婚式で条件が違う見積もりを出してもらうと、いざ費用を比較するとき大変になってしまいましょう。しかし、結婚式場の見積もりの出し方は様々。近頃結婚式を行った人の同規模の実費を出してくれる場合や、最低限のセット料金の場合があります。当然、実際の料金例が実際の金額に近く、最低限のセット料金の場合は、そこに追加料金が発生する場合が多いです。単純に合計金額を比較しないように注意しましょう。

結婚式の見積もりのチェックポイント!

結婚式の見積もりでは、セット料金で見積もりしてくれる場所が多いと思います。しかし、引き出物、ペーパーアイテム、ウェルカムドリンク、写真代などは、見積もりに含まれている場合といない物があるため、注意しましょう。これらは、人によってお金の掛け方が大きく異なるので、セット料金に含まれていなかったり、最低金額で含まれている場合があります。
次に注意したい点が、衣装のレンタル料金。セット料金に含まれている場合が多いですが、10万円や30万円と、大きく異なります。レンタル料金は衣装によって異なり、セットの料金をオーバーした場合は、追加での支払いが必要です。一見、レンタル料金が安い方が、得と思ってしまいますが、大抵追加料金が発生して、結局同じぐらいの料金を支払うことも多いです。見積もりは、衣装代は除いた金額で比較するようにしましょう。

京都の結婚式場は日本の伝統を大切にした挙式を演出できる環境です。和の雰囲気をメインにした挙式をイメージしている方には最適です。