表情豊かなワイルドラウンド&パウダーピンク

メインのドレスが決まったら、お色直し用のドレスやブーケの準備も必要です。結婚式でカラードレスを上手に着こなしている人は、肌なじみのいい淡いトーンのドレスに、新鮮な生花のブーケを合わせて、抜け感のあるコーディネートにしている人がほとんどです。淡い色のカラードレスには、野に咲く花をそのまま摘んで束ねたようなワイルドアレンジブーケがよく合います。たとえば、ドレープたっぷりの淡いパウダーピンクのカラードレスは、まるで女神のような佇まいなので、ブーケは白を基調に清楚なコーディネートを目指しましょう。丸みを帯びたかわいい形でも、きっちりと整えずに、ぴょんぴょんと飛び出すようなアレンジにすれば、新鮮でソフトな花嫁の完成です。フリル感のあるトルコキキョウなどが飛び出すようなラウンド風のワイルドブーケは、ワンポイントのシャクヤクでこなれた雰囲気になりますよ。

圧倒的オーラのパープルミニスワッグ

ぐっと見る人をひきつける麗しの淡色系のパープルのドレスは、裾に向けてチュールがふんだんに施されていれば、一層、ドリーミーな雰囲気になりますよ。クチュール感のあるドレスにも負けないビビットな色彩のワイルドブーケが好相性でしょう。赤のディルフィニウムにブルーサルビア、紫のモナルダなど、あえて反対色の花材をカラフルに使って、個性をアピールしましょう。色鮮やかなミニスワッグと色の濃淡のあるパープルのドレスはよく合います。調和のとれたかわいいものが苦手な人や、ドレス姿に個性をプラスしたいときに、ワイルドブーケはよく、ブーケを少し長めにつくってもらうと、よりナチュラルに仕上がって、いいでしょう。

四日市の結婚式場には、海を一望できるチャペルがあり、お客様をもてなす会場は海を見渡せるシーサイドルームになっています。